ここから本文です

旅の思い出に 人気の「黒船」「キンメ」が目覚まし時計に

伊豆新聞 5/18(木) 15:40配信

 伊豆急行(本社・伊東市八幡野、小林秀樹社長)は同社の看板電車リゾート21の2種「黒船電車」と「キンメ電車」を模した小型のオリジナル目覚まし時計を販売している。

 長年人気の「黒船」と、2月に運行を開始した話題の赤い「キンメ」の両車両を用意した。アラーム音で時刻を知らせるほか、本体を後ろに引き、離すと走りだす「プルバック機能」が付いている。

 黒船は限定4千個、キンメは2千個で、販売価格はいずれも1300円(税込み)。担当者は「黒船とキンメ電車はとても人気が高い。ぜひ実際に乗車し本物と比べながら、旅の思い出に買い求めてほしい」とアピールしている。

 伊豆急各駅(伊豆大川、伊豆北川、稲梓駅を除く)で販売している。問い合わせは伊豆急〈電0557(53)1116〉へ。

 【写説】「キンメ電車」(右)と「黒船電車」を模したオリジナル型目覚まし時計

最終更新:5/18(木) 15:40

伊豆新聞