ここから本文です

「閣議決定」って何? 過去には幽霊も議論…「非公開の円卓」で決められていること

5/19(金) 9:01配信

withnews

 5月19日午前、安倍内閣は閣議を開いて、天皇陛下の退位を可能にする特例法案を「閣議決定」しました。そういえばこの「閣議決定」という政治用語、最近、よく目にしたり、耳にしたりしませんか? 例えば、安倍総理の妻昭恵さんは「公人ではなく私人であると認識」。戦前の教育方針とされた教育勅語を今、学校で使うことは「否定しない」。どちらも「閣議決定」され、公表されました。過去には「官邸に幽霊はいるか」が議論されたことも。「閣議決定」は、どれだけ大事なのか? 過去の重要な「閣議決定」を振り返りながら、その正体に迫ります。

【動画】2分でわかる超解説「閣議決定」って何? 「幽霊はいるか」も議論、その答えは……

「閣議決定」 異例の大注目

 答えるのは朝日新聞政治部などで16年間、政界を取材してきた林尚行デスクです。

――「閣議決定」が話題です。

 「長く政治記者をやっていますが、『閣議決定』がこれほど注目を集めたことは記憶にありません」

――そもそも「閣議決定」とは?

 「まずは閣議の説明から始めますね」
 「閣議とは、行政権の最高機関である内閣が行う会議のことを指します。内閣の『閣』と会議の『議』で閣議です。毎週火曜日と金曜日の午前中、首相官邸か国会で開かれています。原則として、全閣僚が集まる必要があります」

――テレビでは大臣がずらっと並んで椅子に座る映像をよく見ます。

 「首相を中心としてコの字型に座っている、あのシーンでしょうか? あれは閣僚たちが閣議に臨む前に懇談している場面で、部屋の名前を閣僚応接室というんです。メディアに取材が許されるのはそこまで。奥の閣議室に移動して本番ですが、議論は非公開です。閣議室には大きな丸テーブルがあって、閣僚たちは輪になって座ります」


――閣議が重要だと言われる理由は?

 「日本では、国を統治する姿として立法・行政・司法の三権分立が定められていますよね。この、行政のトップが内閣です。内閣にできることを定めた内閣法には『内閣がその職権を行うのは閣議によるものとする』と書かれていて、閣議は『行政権の最高の意思決定』と言えます。私たちの国のあり方を決める、重要な場なんです」

――具体的には何が決まるんでしょう。

 「主なところでは、次に法案として何を提出するかを決めています。働き方を変えようとか、子育てしやすい環境にしようとか、政府が進めたい政策には、それぞれ関連して法があります。あるものを変えたり、新しく作ったりする前段階として、法案にするわけです」

 「内閣が提出する法案のことを『閣法』といいます。それに対して国会議員が進めたいと考えて提出する法案が『議員立法』です。内閣としてこんな閣法を提出しましょうって閣議決定すると、国会に送って議員たちが審議するわけです」

――法案のほかには…

 「国の予算案もそうですね。ほかに内閣としての意思決定をする時に、閣議決定をします。わかりやすい例として思い浮かぶのは、2014年に、集団的自衛権の行使を容認すると決めたことですね。それまでの内閣では、日本と関係の深い国が他国から武力攻撃を受けても、日本が反撃に加わるのは憲法の解釈上容認できない、としていました。でも、安倍政権がその解釈を180度変更することを閣議決定したのです」

1/2ページ

最終更新:5/19(金) 11:24
withnews