ここから本文です

WindowsでVR・AR開発を目指す人向けセミナーが福岡で開催

アスキー 5/18(木) 13:45配信

VR/AR制作に関するセミナーが福岡で開催。エヌビディアやマイクロソフトなどのソリューションに関する話題のほか、海外のVR事情などのセッションが予定されている。

 5月27日にTSUKUMO(ツクモ)ブランドのProject White主催、日本マイクロソフト、テックウインドの2社協賛、エクシヴィ、エヌビディア、Synamon、DVERSE Inc.の4社協力で、「VR・ARコンテンツの開発とWindows 10最新情報セミナー」が開催される。
 
 WindowsでVR・ARの勉強や開発を目指す法人ユーザーを対象としたもので、「GeForce GTX 10」シリーズと「VRWorks」を活用したVR制作や、Windows 10で構築するVR/ゲーム制作環境、北米や東アジアにおける最新VR/AR事情などのセッションを予定。
 
 セミナーは13時から18時までを予定、場所は福岡市の天神クリスタルビル 2F Cホール。参加費は無料で、受付サイトからの申し込みで参加受付中。締切は5月26日、100人の定員になり次第受付は終了する。
 
 また、登壇予定のVR・AR開発社とサイバーコネクトツーの特別協力で、前日の5月26日に「VR/MR最新ソリューション体験会」を開催。
 
 SynamonのVR空間構築ソリューション「NEUTRANS(ニュートランス)」、DVERSE Inc.の建築・デザイン向けVRソフト「SYMMETRY alpha(シンメトリーアルファ)」、GOROmanさんの現代型レトロゲーム「Mixed Reality ファミコン」、エヌビディアのVR開発支援SDK「NVIDIA VRWorks」が展示される。
 
 開場時間は15時から19時まで、場所はサイバーコネクトツー福岡本社大会議室。参加には別途受付サイトでの申し込みが必要で、参加費は無料。
 
 
文● 天野透/ASCII

最終更新:5/18(木) 13:45

アスキー