ここから本文です

松坂抜いた!ダルビッシュが日本人最速メジャー50勝

東スポWeb 5/18(木) 11:31配信

【テキサス州アーリントン発】レンジャーズのダルビッシュ有投手(30)は16日(日本時間17日)、フィリーズ戦に先発し、7回を4安打1失点で4勝目(2敗)を挙げ、日本人投手6人目となるメジャー通算50勝を達成。109試合目での到達は松坂大輔(現ソフトバンク)の112試合を抜き、日本人最速となった。また、チームでもケビン・ブラウンの115試合を上回る球団最速記録となった。チームは7連勝で勝率を5割に戻した。

 初回一死後、2番ヘレラに中前打されたが、続くアルテールを二ゴロ併殺打に仕留めると波に乗った。スライダー、チェンジアップ、カーブを効果的に使い、2~4回は完璧に抑えた。5回二死で6番フランコに右翼線二塁打されたが、7番ラップを見逃し三振に仕留めた。

 6回一死、味方の失策で一死二塁。さらに1番ヘルナンデスを四球で歩かせたが、へレラを空振り三振、アルテールを右飛に仕留めた。7回は安打と四球で二死一、二塁とすると8番ガルビスに中前適時打されて初失点。しかし、9番スタッシを空振り三振。この回で降板した。この日は95球中ストライク70球で、ストライク率73・7%は自身2番目の高さだった。

 一夜明けた17日(同18日)テキサスの地元紙は最近5試合で負けなしの3連勝と頼りになるエースを絶賛した。ダラス・モーニング・ニューズ紙(電子版)は敵将マッカニン監督が試合後に語った「初めて対戦したチームにとって彼のスライダーは厄介だ」とのコメントを紹介し、「ダルビッシュの交流戦支配は続く。14回先発登板して防御率2・19だ」と賛辞。そして「50勝は思ったより時間がかかった」と右ヒジ手術で2015年シーズンを棒に振ったことを惜しんだ。

 フォートワース・スター・テレグラム紙(電子版)は「ダルビッシュ支配の下、レンジャーズは7連勝と快走」とし、「スライダーとチェンジアップが効果的だった」と脱帽した。

最終更新:5/18(木) 12:50

東スポWeb

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/25(木) 14:20