ここから本文です

羽村で「市民活動スタートアップセッション」 各種団体招き、きっかけの場に /東京

みんなの経済新聞ネットワーク 5/18(木) 9:00配信

 羽村市コミュニティーセンター(羽村市緑ヶ丘)で5月27日、地域で活動したい人と応援したい人をつなぐ「市民活動スタートアップトークセッション」が開催される。(西多摩経済新聞)

 個人や事業者、公的機関と連携し、「対話とデザイン」による地域問題の解決、地域資源の発掘に取り組む「social unit UDON」が、羽村市と共同で年6回実施する市民提案型協働事業の第1弾。

 当日は活動内容や事業規模ごとに適したゲストを迎え、参加者と対話形式で市民活動の入り口やノウハウを学ぶ。新たな人材や団体が、地域社会にさまざまなモノ・コトを還元できるような、きっかけづくりとなる場を目指すという。

 今回のゲストは、羽村市にプレーパークを作ろうと集まった有志「はむらプレーパークの会」や、さまざまな文化事業、イベントなどを企画する「のんびりカフェ中車水車小屋」、青梅市小曽木地域で活動を行う「おそきの学校と地域を考える会」、青梅市タウンマネジャーの國廣純子さん。

 開催時間は14時~16時30分。参加費は300円。定員は30人。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:5/18(木) 9:00

みんなの経済新聞ネットワーク