ここから本文です

【台湾】エイサー、中国伝媒大学とゲーミングで提携

5/18(木) 11:30配信

NNA

 パソコン(PC)世界大手の宏碁(エイサー)は16日、中国メディア界に多数の人材を輩出している北京市の中国伝媒大学と共同で、中国にゲーミングラボ「宏碁電競実験室」を設立すると発表した。始業シーズンである9月から運営を始め、定期的にゲーミング大会やフォーラムなどを開催する。
 16日付鉅亨網などによると、エイサーはラボに必要なPCや関連設備を提供する。
 エイサー中国区の副総裁で、コンシューマー業務の総経理を務める範宣波氏は、「中国のゲーミング市場規模は100億人民元(約1,600億円)を超える。中国伝媒大学の音楽与録音芸術学院(音楽・録音芸術学部)と組むことで、ゲーミング分野の人材育成や産業の発展促進に尽力したい」と意気込んだ。
 またエイサーは、同大の音楽与録音芸術学院内に新たな奨学金制度「菁英奨学金」を設立。優秀な学生にゲーミング分野での研究機会や企業インターンのチャンスを与える。
 エイサーは今年、アジア太平洋地域でのゲーミングPCの出荷量目標を前年比2倍に掲げるなど、同分野への注力姿勢を鮮明にしている。

最終更新:5/18(木) 11:30
NNA

Yahoo!ニュースからのお知らせ