ここから本文です

日本テレビがLGBT映画特集「映画天国」枠で4週連続

5/18(木) 11:00配信

シネマトゥデイ

 日本テレビは18日、毎年6月が世界規模で LGBT Pride パレードなどが行われる「LGBTプライド月間」であることにあわせ、月曜深夜放送の「映画天国」枠で4週連続でLGBT関連の映画を放送する「映画天国LGBT映画祭」を開催することを発表した。宣伝担当者によると、同局が「LGBT」と銘打って映画の特集放送を行うのは今回が初めて。

【写真】性別を偽って生きる女性の苦難とは…映画『アルバート氏の人生』ギャラリー

 「映画天国」のプロデューサーを務める谷生俊治氏によると、「世界的に評価の高いLGBTをテーマにした複数の作品の放送権を購入できたこと」が同映画祭実施の直接のきっかけ。「せっかく放送するのであれば、世界的にLGBTのパレードが行われるなど盛り上がりを見せる6月に放送することが時機を得た編成になる」と考え、このタイミングでの放送が決まったという。谷生プロデューサーは、「LGBTという言葉になじみがない方にも、今回の放送が心に残る視聴体験になることを願っています」とコメントしている。

 今回の特集ではLGBTとして生きること、働くこと、家族に告白することなど様々な観点からLGBTを描いた作品を放送する。また、LGBTの当事者でもある映画ライター・よしひろまさみち氏、NPO法人「虹色ダイバーシティ」代表の村木真紀氏をゲストに迎え、作品のみどころや解説、LGBT目線からみた分析などを紹介するコーナーも放送される。

 LGBTとは、レズビアン(女性の同性愛者)、ゲイ(男性の同性愛者)、バイセクシュアル(両性愛者)、トランスジェンダー(心と体の性が一致しない人たち)の頭文字をとった言葉。LGBT Pride パレードはLGBTの人たちが「自分たちの性的指向や性自認にプライドを持って生きよう」と1970年から始まったイベントで、毎年6月にはニューヨーク、サンフランシスコ、トロント、ベルリン、ソウルなど、世界各地で大小様々なLGBTのイベントが開催されている。 また、アメリカでは6月を「LGBTプライド月間」と定めている。(編集部・海江田宗)

「映画天国LGBT映画祭」の放送予定作品は以下の通り
6月6日(6月5日深夜)『あしたのパスタはアルデンテ』
6月13日(6月12日深夜)『ぼくのバラ色の人生』
6月20日(6月19日深夜)『アルバート氏の人生』
6月27日(6月26日深夜)『パレードへようこそ』

画像:(C)PATHE PRODUCTIONS LIMITED. BRITISH BROADCASTING CORPORATION AND THE BRITISH FILM INSTITUTE 2014. ALL RIGHTS RESERVED.

最終更新:5/18(木) 11:00
シネマトゥデイ