ここから本文です

レアル、4発快勝でリーガ制覇に王手 C・ロナウドが2G/リーガ

ISM 5/18(木) 10:27配信

 リーガエスパニョーラは現地時間17日、第21節の延期分1試合が行なわれ、2位レアル・マドリーは13位セルタに4対1で勝利。リーグ制覇が目前となっている。

 レアルは10分、エリア手前でボールを受けたクリスティアーノ・ロナウドが豪快なミドルシュートを叩き込み先制する。

 すると48分、カウンターからC・ロナウドが再びネットを揺らして追加点をゲット。61分には、アスパスがダイブを取られて2枚目のイエローカードを受けて退場し、数的有利を手に入れると、70分にベンゼマ、88分にクロースが加点し、相手の反撃を1点に抑えて勝利した。

 延期分に勝利したことで、レアルは勝ち点87で並んでいたバルセロナをかわして首位に浮上。最終節のマラガ戦で引き分け以上なら、5年ぶりにリーガの覇権を奪還する。

 ジダン監督は「我々は意思の強さを見せ、良い姿勢でプレーした」「この3ポイントは最も大事なものであることは理解していた」と、勝利に満足感を示した。(STATS-AP)

最終更新:5/18(木) 10:27

ISM