ここから本文です

【韓国】双竜自がサウジに再進出、ティボリなど販売

5/18(木) 11:30配信

NNA

 韓国の双竜自動車は17日、サウジアラビア首都リヤドに販売代理店を設けたと発表した。2013年以来の再進出となる。主力の小型スポーツ多目的車(SUV)「ティボリ」や「ニュー・コランドC」などを販売する。
 地場のアブドッラー・サレハ・アル・ベイジィー・オートモーティブが販売代理店を運営する。双竜自はマーケティング活動を通じて販売網の拡充で協力していく。
 双竜自は2月、サウジアラビア国営自動車メーカーSNAMと、現地で組み立てるノックダウン生産に関する製品ライセンス契約を締結。2020年までにピックアップトラックの生産工場を構える計画だ。完成車の販売店と生産拠点の両輪で、同国市場を開拓する狙いがある。
 双竜自は13年、販売不振などを受けてサウジアラビア市場から一時的に撤退していた。

最終更新:7/7(金) 14:15
NNA