ここから本文です

単独首位発進の今平周吾、ツアー初Vへ虎視眈々「最終日にインタビューを…」

5/18(木) 18:56配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<関西オープン 初日◇18日◇城陽カントリー倶楽部(7,037ヤード・パー71)>

あれ!?今平の隣にいるこの美女は…?

中学生時代の修学旅行以来という京都で、午前組で出た今平周吾が好発進を決めた。スコアが伸び悩む難コースで4バーディ・ノーボギーの“67”でフィニッシュ。4アンダー単独首位の座を守り切った。

「グリーンが硬くて、ラフからのショットはグリーンに止まらない。それだけにドライバーの正確性が要求されるコースなんですけど、ボクはあまり嫌いじゃありません。どこに打たなければいけない、と目標がしっかりしているほうが打ちやすいタイプですから」

加えて、今季から契約を結んでいるヤマハゴルフの新クラブも大きな武器に。「クラブが体に馴染んできたのだと思いますけど、打球が吹き上がらなくなって、昨年よりもドライバーの飛距離が伸びました」と、今日の結果には手ごたえを感じた様子。

今平といえば、国内開幕戦「東建ホームメイトカップ」で8位タイ、2戦目の「パナソニックオープン」では15位タイも、中日クラウンズで単独5位。先週の「日本ゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯」でも5位タイに入るなど、今季好調を持続している。

それだけにプレー終了後、プレスの囲み取材を受けることが多くなったのだが、

「初日や2日目、3日目にも呼ばれてインタビューを受けたことがありますけど、最終日は呼ばれたことがありません(笑)。今週は残り3日間もアンダーパーで回って、最終日にインタビューを受けたいですね。頑張ります」

今大会の舞台、城陽カントリー倶楽部の難度の高い仕上がりに、戦前「キャリアが必要。若さと勢いだけでは勝てへんやろね」と同コース所属・山本善隆は予想していたが、とある40代プロがホールアウト後、ため息まじりに、

「アップダウンがきつくて、しんどい。上がり3ホールになると、もう足腰がガタガタ。明日、体力が持つかどうか分からない」

との嘆き声が聞かれた。24歳の今平には追い風となりそうだ。

文/伊藤昇市

【初日の順位】
1位:今平周吾(-4)
2位T:谷口徹(-2)
2位T:片岡大育(-2)
2位T:小池一平(-2)
2位T:小林伸太郎(-2)
2位T:北村晃一(-2)
2位T:K・バーンズ(-2)
8位T:永野竜太郎(-1)
8位T:塚田好宜(-1)
8位T:B・ケネディ(-1)他

48位T:宮里優作(+2)他
133位T:チョ・ビョンミン(+9)他

(撮影:米山聡明)<ゴルフ情報ALBA.Net>