ここから本文です

武井壮 華麗なボルダリング披露「東京五輪出場を狙います!」

東スポWeb 5/18(木) 13:25配信

 タレントの武井壮(44)が18日、都内で行われた「三井不動産クライミングパーク for TOKYO2020」のオープニングイベントに出席した。

 イベントには、ボルダリングのワールドカップで4度の優勝経験を誇る野口啓代選手(27)と、昨年の世界選手権銀メダリストで年間W杯ランキング2位の野中生萌選手(19)も登場。選手らの実演を参考に、武井もボルダリングを体験した。

 取材などで何度かボルダリングに挑戦したという武井は、スルスルと壁を登りだし、瞬く間にゴールへ到達。「以前、ボルダリングチャンピオンに『テクいね』と褒められたことがある。なのでこれくらいは余裕です!」と自慢げの武井に、野中も「テクいですね」と脱帽した。

 2020年の東京五輪から正式種目に追加されるボルダリング。先日は国内初のW杯開催を成功させ、ますます注目度が高まっている。

 五輪への抱負を聞かれた野口は「ボルダリングは奥が深い競技。3年後に向けて、コアな魅力も伝えていきたいです」と宣言。一方の武井は「ボルダリングの魅力を広めつつも、自分もひそかに出場を狙います!」と、真剣な表情で野望を語った。

最終更新:5/18(木) 15:43

東スポWeb