ここから本文です

大阪・本町に電子たばこ専門店「禁煙屋」 禁煙サポート、安全性にも配慮 /大阪

みんなの経済新聞ネットワーク 5/18(木) 10:40配信

 大阪・本町に4月5日、電子たばこ専門店「禁煙屋本町店」(大阪市中央区久太郎町4、TEL 080-9753-0744)がオープンした。(船場経済新聞)

女性や会社員に人気というコンパクトサイズの電子たばこ「EMILI」

 御堂筋線本町駅から徒歩1分、オフィス街に店を構える同店は、会社員に人気というコンパクトサイズの電子たばこを中心に、日本製の正規品を取り扱っている。店舗面積は約6坪。

 社長の松谷美香さんによると、国内で販売されている正規品の電子たばこには、ニコチンやタールは含まれておらず、吸引して吐き出す煙も水蒸気なので、健康や煙の臭いを気にする女性や会社員を中心に年々利用者が増えているという。

 客層の中心は会社員。同店の向かいのスペースにビルの喫煙所が備えられているが、たばこの臭いが体につくのを避けるため、女性会社員が同店を電子たばこの喫煙スペースとして利用することも多いという。外国人観光客が日本製の電子たばこを求めて来店するとも。

 松谷さんは「嗜好(しこう)品や禁煙サポートグッズとして口に入れるものなので、安全性に配慮した商品をお客さまに紹介していきたい」と話す。

営業時間は11時30分~19時30分。土曜・日曜・祝日定休。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:5/18(木) 10:40

みんなの経済新聞ネットワーク