ここから本文です

積水ハウス、新築戸建住宅の販売でZEH比率74%を実現

スマートジャパン 5/18(木) 9:10配信

■累積販売棟数は2万8195棟

 一次エネルギーの消費量がほぼゼロな住宅なことを表す「ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)」。積水ハウスは2017年5月15日、2016年度における新築戸建住宅のZEH販売実績が74%となり、目標の71%を上回ったことを発表した。

【ZEH化比率、販売棟数の推移はこちら】

 政府は、2014年4月に閣議決定したエネルギー基本計画で「2020年に標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均でZEHを目指す」方針を掲げている。積水ハウスでは、2009年から1990年比でCO2排出を50%削減する「グリーンファースト」を販売してきた。2012年度には、グリーンファーストの比率が83%にまで達したという。

 2013年からは、ZEHである「グリーンファースト ゼロ」の販売を開始。2013年度にZEH化比率49%を達成後、2014年度に62%、2015年度に71%と順調に比率を伸ばしてきた(北海道を除く)。2017年3月末時点で、累積販売棟数は2万8195棟だ。

 また賃貸住宅支店を除く95支店のうち、27支店はZEH比率80%、6支店では同90%を超えたとする。2020年の目標に挙げていたZEH比率80%を早くも達成した形となる。

 積水ハウスは、リリース上で「こうした高い実績はエネルギー効率だけを考えたZEHではなく、暮らしの本質を追究した成果である。断熱だけを考えれば、窓は小さくなる。当社は建物と庭が一体となり、庭を楽しむ暮らしが望ましいと考えている。これを実現するため、高性能で超高断熱な窓を採用。また屋根形状に左右されない瓦型太陽電池や燃料電池を組み合わることで、ZEH化できない条件を減らしている」とコメントした。

■「全国初」のZEH分譲マンションも

 ZEHに関する取り組みとして、積水ハウスは2016年12月に愛知県名古屋市でZEH分譲マンションを建設することも発表している。「全国初」(同社)の取り組みだ。名古屋市千種区内に建設する3階建て12戸規模の邸宅型マンションで、名称は「グランドメゾン」。2017年夏に着工し、2019年春に完成予定となっている。

 積水ハウスでは、グランドメゾンは単なる建物としての「集合住宅」ではないとしている。住人一人一人のライフスタイルを重視し、住まいが集まったかたちとしての「住宅集合」というコンセプトを掲げる。省エネ面ではLED照明などの各種省エネ設備を採用、窓のアルミ・樹脂複合サッシにアルゴンガス封入複層ガラスの採用などで開口部の断熱性能を従来比2倍とし、住戸単位の断熱性能を1.3~1.6倍まで高める。

 創エネについては全住戸で、平均4kWの太陽光発電システムと、燃料電池「エネファーム」を搭載する。停電時には太陽光発電システムとエネファームの停電時発電機能による電力供給や、共用部に備える防災備蓄倉庫などの防災対策、エレベーターのフロア制御などの防犯対策により、安全と安心も配慮した住まいとする計画だ。これによりグランドメゾンでは、全住戸でネット・ゼロ・エネルギーを達成するという。

最終更新:5/18(木) 9:10

スマートジャパン