ここから本文です

1年に8000万人、1日に22万人、1秒間に2.5人 世界の人口は増え続ける

6/6(火) 14:20配信

THE PAGE

 現在、世界の人口は74億9000万人以上。その数は1年に8000万人、1日に22万人の速度で増えて続けている。単純に計算しても1秒間に2.5人の割合で人口が増加しているわけだ。2050年には、今よりさらに20億近く増えるといわれている人間の生活を、果たして地球は支え続けていくことができるのだろうか? 食糧不足、気候変化、エネルギー危機、水不足、環境破壊……暮らしを取り巻くこんな問題はみな我々人間がつくりだしたもの。人口が増えすぎたために起こった弊害だ。

フォトジャーナル<人口増加の脅威>- 高橋邦典 第46回

 他の生物にはない知恵と技術を持って食物連鎖のトップに立った人類は、外敵をなくしてしまった。本来であれば連鎖の上に行くほど個体数は減るという自然の摂理に反し、増え続ける人間たち。いずれはその数が原因で、我々は滅びてゆく運命にあるのだろうか。

(2010年9月撮影)

※この記事はTHE PAGEの写真家・高橋邦典氏による連載「フォトジャーナル<人口増加の脅威>」の一部を抜粋したものです。

最終更新:6/11(日) 6:07
THE PAGE