ここから本文です

〔東京外為〕ドル、111円台前半=売り一服後はもみ合い(18日正午)

時事通信 5/18(木) 12:30配信

 18日午前の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、トランプ米政権の先行きに対する不透明感を受けた売りが一服した後は、1ドル=111円台前半でもみ合っている。正午現在、111円06~06銭と前日(午後5時、112円44~45銭)比では1円38銭の大幅ドル安・円高。
 ドル円は早朝、トランプ大統領のFBIの捜査妨害疑惑などを嫌気した売りが続き、一時110円50銭台に値下がりした。午前9時以降は、実需筋の押し目買いなどが入り、111円台を回復。その後は111円前後から111円20銭前後のレンジ圏で推移している。
 前日の海外市場では、FBIの捜査妨害疑惑などで「トランプ大統領が弾劾を受けることへの警戒感が強まった」(FX業者)ことからドル円は大幅に下落。東京市場も早朝は売りが優勢だったが、「とりあえず実需筋による値頃感の買いが入ったことで下げ止まった」(為替ブローカー)とされる。ただ、トランプ政権の先行き不透明感は強く、「ドル円の地合いはなお不安定」(同)という。
 ユーロも午前9時以降は対円で下げ一服。一方、対ドルは上昇一服となっている。正午現在、1ユーロ=123円89~90銭(前日午後5時、124円68~69銭)、対ドルでは1.1155~1156ドル(1.1088~1088ドル)。

最終更新:5/18(木) 14:27

時事通信