ここから本文です

青木「面で打つ感じ」イチロー参考に2000安打まであと「11」

スポーツ報知 5/18(木) 6:32配信

アストロズ12-2マーリンズ(16日、マイアミ)

 アストロズの青木宣親外野手(35)が敵地マーリンズ戦の9回2死一塁、中前打を放ち、日米通算2000安打にあと11とした。

 試合前にヒントを得た。マ軍の打撃練習中、青木はイチローの打撃練習を間近で観察。「相変わらずフリーでもあれだけ(スタンドに)入れる。本当にすごい。イチローさんはフォローが長くて面で打つ感じ」とイメージを膨らませた。

 この日は先発を外れ、6回から左翼の守備に入った。7回の打席は空振り三振、9回はチェンジアップに対応。「ヘッドをピッチャーの方向に出して打てた」と納得。また、マ軍のイチロー外野手は7回2死一塁で代打で出場、二ゴロだった。

最終更新:5/18(木) 6:32

スポーツ報知