ここから本文です

<日ハム>本拠地移転 北広島市と本格協議開始

毎日新聞 5/18(木) 8:48配信

 プロ野球・北海道日本ハムファイターズの本拠地移転構想を巡り、球団と候補地の北海道北広島市は16日、同市役所で「ボールパーク構想」についての本格協議を開始した。球場に娯楽設備なども加えたボールパークの可否について10月ごろまで検討し、その後具体的な施設案を発表する。また、球団側は10月までのシーズン中にも、独自に大まかな施設案をファン向けに示す方針を示した。

 球団は今年度末に移転先の結論を出す方針で、北広島市は札幌市と並ぶ移転候補地。球団と北広島市の実務者協議は6回目だが、16日からは開発コンサルタントの日本設計(東京都)の社員2人も加わり、ボールパーク構想について検討を本格化させた。

 今後は、移転候補地の一つであるきたひろしま総合運動公園を現地調査するほか、交通アクセスや電気・水道などの整備の可能性を調べる。16日は北広島市の若手市職員の研究会が球場に併設する施設案なども提示した。【野原寛史】

最終更新:5/18(木) 9:47

毎日新聞