ここから本文です

【ミャンマー】ゴルフ観光に潜在性、質改善が課題

5/18(木) 11:30配信

NNA

 ミャンマー観光連盟のミョー・ヤ・ザ副会頭は、国内には数多くのゴルフ場があるものの、海外からのゴルフ観光客の受け入れには課題が多いと指摘した。ミャンマー・タイムズが16日伝えた。
 「ゴルフ観光の潜在性は大きいものの、国内のゴルフコースは外国人ゴルファーの期待に応えられていない」と指摘した。全国にはヤンゴンを中心に60ほどのコースがあるが、国際水準を満たすコースは数えるほど。設備面でも周辺国に見劣りするという。
 ゴルフを含むツアーパッケージツアーは10以下しかないという。ミャンマー観光マーケティング委員会の副委員長ス・ス・ティン氏は、「周辺国からの旅行でゴルフを試す観光客もいるが、ツアーは少ない」と話す。気候が良く、グリーンフィーも安いため潜在力がある一方、ゴルフ観光客が好む質の高い飲食店や快適な環境の施設がヤンゴン市内に少ないことも課題という。

最終更新:5/18(木) 11:30
NNA