ここから本文です

三段目陥落から復活した“超苦労人”千代の国 連日の金星狙うも…「重かった」

夕刊フジ 5/18(木) 16:56配信

 逃したサカナは大きい。千代の国は稀勢の里をあと一歩まで攻め込みながら押し切れず、2日目の鶴竜戦に続く連続金星はならなかった。

 「重かった。攻めるのが精いっぱい。横綱は強い」。息も絶え絶えに支度部屋に引き上げると、そう言葉を絞り出した。

 2012年初場所、21歳で入幕。イケメンで「Googleモバイル」のCMに起用されるなど女性ファンも多い。しかし、14年秋場所で両ひざの半月板損傷の大けがを負い十両に転落。その後もけがが続いて、同年九州場所では幕下に落ち、一昨年には三段目まで転落した。

 好きだった酒も十両から陥落後は一切絶ち、懸命なリハビリと治療で、ここまではいあがった。

 「稽古が命、といえるほど稽古熱心だけに、稽古しないと不安になる。だからけがも多い」と部屋関係者。手首、ひじ、肩、首、足首など関節という関節をすべて痛め、稽古前にはそのすべての箇所を塩で清めている。

 先月25日には、約7年交際した堺市出身で同い年(26)の元会社員、愛さん(旧姓林)と入籍。来年2月に挙式を控え精神的にも充実している。

 前師匠の元横綱千代の富士は昨年7月31日に死去したが、一周忌は誕生日だった6月1日に前倒しして営まれる。金星に続く大善戦で満員の国技館を沸かせ、前師匠も天国でニンマリしていることだろう。

最終更新:5/18(木) 16:56

夕刊フジ