ここから本文です

【投資のヒント】早速、上方修正に踏み切った銘柄は

5/18(木) 17:50配信

ZUU online

先月から始まった3月決算企業の本決算発表もほぼ終わりましたが、3月決算企業の本決算発表と並行して12月決算企業の第1四半期決算発表も行われていました。その12月決算企業の第1四半期決算発表も3月決算企業の本決算発表と同じく一巡となりましたが、なかには通期の業績予想を早速、上方修正した銘柄も幾つかみられます。

そこで今回はこの第1四半期から通期の営業利益の上方修正に踏み切った12月決算銘柄をピックアップしてみました。

例えばカメラやプリンターといった既存事業が回復基調で、有機ELディスプレー向けの装置も好調なキヤノン <7751> では通期の営業利益を150億円引き上げています。また、ポーラ・オルビスホールディングス <4927> と堀場製作所 <6856> では上方修正で最高益更新の可能性が一段と高まっています。

金山敏之(かなやま・としゆき)
マネックス証券 シニア・マーケットアナリスト

最終更新:5/18(木) 17:50
ZUU online

チャート

キヤノン7751
4043円、前日比+8円 - 10/19(木) 14:42

チャート

ポーラ・オルビスホールディングス4927
3730円、前日比-55円 - 10/19(木) 14:42

チャート

堀場製作所6856
6510円、前日比+20円 - 10/19(木) 14:37