ここから本文です

「OneNote」への印刷やバージョン管理に対応 ~Windows 10版「OneNote」の5月更新

Impress Watch 5/18(木) 8:46配信

 米Microsoft Corporationは、Windows 10向け「OneNote」アプリの2017年5月機能アップデートv17.8241.57591.0を公開した。現在、「ストア」アプリから無償で更新可能。今回のアップデートでは、さまざまなアプリからドキュメントやイメージを「OneNote」へ“印刷”する機能が追加された。

【この記事に関する別の画像を見る】

 本機能は「ストア」から入手可能な仮想プリンターアプリ「 Send to OneNote」との連携で実現されており、印刷機能さえ備えていればどのアプリでも利用可能。[共有]機能がないアプリからも簡単にデータを「OneNote」へインポートすることができる。

 なお、「Send to OneNote」はPCのみで利用可能。動作にはWindows 10向け「OneNote」アプリが必要となる。

 また、ページのバージョン管理がサポートされ、以前の状態へ簡単に復元できるようになったのも大きな変更点。ページの右クリックメニューにある[ページのバージョン]コマンドを選択すると画面右側にサイドパネルが開き、過去のバージョンへアクセスできる。バージョンを選択すると、そのバージョンで追加された要素をハイライト表示することも可能。変更点を確認しながら、ロールバックしたいバージョンを選んでページを書き戻すことが可能だ。

 そのほかにも、「Outlook 2016」の会議を挿入する機能や、既定の言語以外の言語でスペルチェックを行う機能が搭載された。また、[Ctrl]キーや[Shift]キーを押しながら複数のページを選択して移動・コピー・削除を行う機能、右クリックメニューからページのコピーや切り取りを行い、他の場所へコピーする機能、画面右上から利用できるアンドゥ・リドゥボタンなどが新たに追加されている。

ソフトウェア情報「OneNote」Windows 10版【著作権者】Microsoft Corporation【対応OS】Windows 10/Windows 10 Mobile【ソフト種別】フリーソフト【バージョン】17.8241.57591.0「Send to OneNote」【著作権者】Microsoft Corporation【対応OS】Windows 10【ソフト種別】フリーソフト【バージョン】1.0.2.0

窓の杜,樽井 秀人

最終更新:5/18(木) 8:46

Impress Watch