ここから本文です

〔東京外為〕ドル、111円台前半=株下げ渋りなどで小戻す(18日午後3時)

時事通信 5/18(木) 15:30配信

 18日午後の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、日経平均株価の下げ渋りなどを受けて、1ドル=111円台前半に小戻している。午後3時現在、111円24~25銭と前日(午後5時、112円44~45銭)比では1円20銭の大幅ドル安・円高。
 ドル円は早朝、トランプ米大統領のFBIの捜査妨害疑惑などを嫌気した売りが継続し、110円50銭台に下落。その後は実需の買いなどで111円20銭台に回復したが同水準で頭打ちとなり、111円を挟んで上下20銭程度でもみ合った。午後は株の下げ渋りや米長期金利低下の一服などを眺め、一時111円30銭台に浮上する場面もあった。
 ドル円は株の下げ渋りなどに支援されたほか、3週間ぶりに110円台を付けたことで、ショートカバーがやや入った。また、「共和党の重鎮であるマケイン上院議員がトランプ米大統領の弾劾に反対を表明している、と伝わったことも過度な懸念を後退させた」(外為仲介業者)とされる。ただ、あくまで売られすぎの反動との見方が多く、「海外時間に再度110円台へ押し戻される可能性がある」(同)とも指摘されている。
 ユーロ円は小戻す。ユーロドルは、利食い売りで伸び悩み。午後3時現在、1ユーロ=123円93~93銭(前日午後5時、124円68~69銭)、対ドルでは1.1140~1140ドル(1.1088~1088ドル)。

最終更新:5/18(木) 17:27

時事通信