ここから本文です

日本信号、アーメダバード都市鉄道の信号システムを受注…インド2件目

レスポンス 5/18(木) 15:15配信

日本信号は5月18日、インドのガンディナガール・アーメダバード都市鉄道公社(MEGA)からアーメダバード都市鉄道(アーメダバード・メトロ)第1期事業の信号システムを受注したと発表した。

[関連写真]

アーメダバードはインド西部のグジャラート州にある都市。2023年の開業が予定されているインド高速鉄道の終着駅が設けられる。人口も急激に増えており、交通渋滞緩和策の一環として都市鉄道の建設が計画された。

日本信号の発表によると、同社がMEGAから受注したのは、アーメダバード・メトロの東西線20.7kmと南北線18.5kmの信号システム一式。運行管理装置や電子連動装置、無線制御方式(CBTC)の自動列車防護装置などの信号システムを納入する。CBTCは日本信号製の「SPARCS」が採用される。

日本信号がインドで受注した信号プロジェクトは、デリーメトロ8号線に続き2件目になる。

《レスポンス 草町義和》

最終更新:5/18(木) 15:15

レスポンス