ここから本文です

難民の子供、単独行が過去最多=2010年から4.5倍―ユニセフ

時事通信 5/18(木) 8:11配信

 【ニューヨーク時事】国連児童基金(ユニセフ)は17日、保護者を伴わず単独で移動する子供の難民・移民数が2015~16年に少なくとも30万人に上り、過去最高になったと訴える報告書を公表した。

 10~11年の6万6000人から4.5倍に増加。報告書は、こうした子供が密航業者や人身売買業者による搾取や虐待の標的になっていると指摘し、対策強化を訴えた。

 報告書によると、20万人が15~16年、約80カ国で難民申請を行ったほか、米国とメキシコの国境でさらに10万人が拘束された。また、地中海経由でイタリアに到着した子供の92%は保護者が一緒にいなかった。ユニセフのフォーサイス事務次長は「非情な業者が子供の弱さにつけ込み、奴隷や売春目的で売買している」と批判した。 

最終更新:5/18(木) 12:12

時事通信