ここから本文です

敵は広島? 3位巨人が首位阪神に余裕しゃくしゃくのワケ

日刊ゲンダイDIGITAL 5/18(木) 11:58配信

 今度はたった3安打で勝った。

 17日の中日戦、阪神は先発の能見が七回途中1失点の好投。五回2死から原口のソロ本塁打で先制すると、同点の八回には高山の適時二塁打で勝ち越しに成功した。

 わずか3安打で2得点。2-1で競り勝って4連勝とした阪神の金本監督は「今日は能見じゃないか。桑原、マテオの3人で勝った」と3人の投手を絶賛した。6日の広島戦で9点差をひっくり返した逆転勝ちの勢いはそのままに、5月は10勝2敗と波に乗っている。

 が、来週23日から甲子園で3連戦を行う巨人はまだ鷹揚に構えている選手が多い。ある選手は「阪神? 今年はなんで強いんでしょうね。正直、怖いという感じがしない」と言い、「それより、やっぱり広島でしょ」と話している。先週末の2連戦で広島に19失点とボコボコにされて連敗。今季の広島戦は1勝7敗だ。村田ヘッドコーチは「広島に勝たないと」と昨季のリーグ優勝チームに一方的にやられる惨状を憂えている。

 この日のヤクルト戦をテレビ解説した原前監督も「カープに打たれ過ぎ。本気で優勝を狙っているなら、しっかり対策を立てるべきですよね」と苦言を呈した。みんながみんな広島、広島と言っているのだ。

 が、現在首位を走るのは阪神である。ここまで巨人は3勝4敗。前出の選手は「別にチーム打率(.251=リーグ2位)がいいわけではないし。防御率2.72は12球団トップ? でも先発は5勝のメッセンジャー以外で突出した投手はいない。後ろの桑原、ドリス、マテオの勝利の方程式は確かにしっかりしていますけど」と首をひねる。

 昨季の対戦成績は15勝9敗1分け。ここ数年、巨人は阪神をカモにしているだけあって、「あの阪神がこのまま走りますかね? 夏には落ちてくるでしょ。それより広島に走られる方がヤバイ」と巨人ナインは言うのだが、バカにしている間に、3位巨人は首位阪神に5.5ゲーム差をつけられている。

最終更新:5/18(木) 11:58

日刊ゲンダイDIGITAL

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/27(土) 9:55