ここから本文です

〔東京外為〕ドル、110円台後半=終盤は米金利低下で下落(18日午後5時)

時事通信 5/18(木) 18:00配信

 18日の東京外国為替市場のドルの対円相場は(気配値)は、トランプ米政権をめぐる懸念から前日比で急落して始まり、日中は戻り歩調となったものの、終盤に入ると米長期金利の低下を眺めて再び水準を切り下げた。午後5時現在は、1ドル=110円91~92銭と前日(午後5時、112円44~45銭)比1円53銭の大幅ドル安・円高。
 ドル円は早朝、トランプ米大統領の対ロ機密漏えいやFBI捜査妨害疑惑による米政権の先行き不透明感で売られた海外市場の流れを引き継ぎ、110円50銭台まで下落。その後発表された1~3月期のGDPの相場への影響は限定的だったが、午前中は実需筋の買いに111円20銭近辺まで戻す場面も見られた。午後に入ると日経平均株価の下げ渋りや米長期金利低下の一服などを眺めて一時111円40銭台に上昇したが、終盤に米長期金利が低下に転じると急速に伸び悩み、110円80銭台に水準を切り下げた。
 トランプ米大統領をめぐる疑惑から終日安値圏での推移となったが、「来週23日のFOMCで景気について楽観的な見方が示されれば、ドル円は上昇基調に向かうのではないか」(大手証券)との指摘があった。
 ユーロは終盤、対円で下落、対ドルでもみ合い。午後5時現在は、1ユーロ=123円46~48銭(前日5時、124円68~69銭)、対ドルでは1.1132~1.1132ドル(同、1.1088~1.1088ドル)。

最終更新:5/18(木) 20:28

時事通信