ここから本文です

伊調馨 去就を模索中「生きるべき道を見つけている」

東スポWeb 5/18(木) 16:27配信

 リオデジャネイロ五輪レスリング女子58キロ級で金メダルを獲得し、五輪4連覇を果たした伊調馨(32=ALSOK)が18日、東京・墨田区の「ASICS CONNECTION TOKYO」グランドオープニングセレモニーに出席した。同所はカフェやフィットネススタジオが設けられた墨田川沿いの新施設。

 伊調は「すごく開放的。フィットネスも窓が大きくて気持ちいい。早朝ランニングから始めて、ベーグルサンドを食べ、ヨガをしたい」と施設を利用した理想的な一日を語った。

 現在は他競技の選手や指導者の話を聞くなどしながら自身の視野を広げている。今後の去就を明らかにしていないが「今は勉強の期間でもあるし、生きるべき道を見つけている。どの選択肢を選ぶか模索している」と、じっくり自分と向き合っていく。

最終更新:5/18(木) 16:50

東スポWeb