ここから本文です

「竜の赤い舌、見えた!」 キトラ・青竜が一般公開

朝日新聞デジタル 5/18(木) 7:35配信

 奈良県明日香村の国特別史跡、キトラ古墳(7世紀末~8世紀初め)の極彩色壁画「青竜(せいりゅう)」が描かれた東壁の一般公開が14日、村内の「キトラ古墳壁画体験館 四神の館」で始まった。

【写真】青竜や寅が描かれた東壁を見学する来場者=奈良県明日香村

 青竜は大部分が泥に覆われており、来場者はガラス越しに、赤い舌や前脚などをパンフレットと見比べながらじっくりと見て回った。名古屋市西区から来た栗野陽向汰(ひなた)君(11)は「最初はわかりにくかったけど、青竜の赤い舌が見えました」と話した。東壁には獣頭人身の十二支像の「寅(とら)」も描かれている。

 公開は6月11日まで。無料。事前予約が必要。申し込みは電話(06・6281・3060)かホームページ(http://www.kitora-kofun.com)で。(田中祐也)

朝日新聞社

最終更新:5/18(木) 7:35

朝日新聞デジタル