ここから本文です

「レイトン ミステリージャーニー」、序盤のエピソードとナゾトキシステムを紹介!

Impress Watch 5/18(木) 10:00配信

 レベルファイブは、7月20日に発売予定のニンテンドー3DS/Android/iOS用ナゾトキ・ファンタジーアドベンチャー「レイトン ミステリージャーニー カトリーエイルと大富豪の陰謀」の最新情報を公開した。

【この記事に関する別の画像を見る】

 本作はニンテンドー3DS版とAndroid/iOS版が発売される。ニンテンドー3DS版が4,800円(税込)で、Android/iOS版が1,900円(税込)+アイテム課金。Android/iOS版については、アイテム課金なしでも最後までゲームをプレイすることが可能。

 「レイトン」シリーズ最新作となる本作は、前作までの主人公であった「レイトン教授」の娘である「カトリーエイル・レイトン」が主人公となる作品。何でも屋兼ナゾトキ探偵という肩書を持つカトリーが、助手のしゃべる犬「シャーロ」とともにロンドンで起きる様々な不思議な事件に挑む。

■調査の基本は「虫メガネ」!街を隅々まで調査しよう

 ゲームでは、ナゾを解くためのヒントや事件のカギが街の中に隠されている。上画面ではヒントの数々を「虫メガネ」で調査し、事件の核心に迫っていく。

・オレンジ色の虫メガネ
 街の住人と話したり、ナゾが現われる。ナゾトキのヒントになる「ひらめきコイン」が出現することもある。

・水色の虫メガネ
 気になった場所をズームして表示できる。ズームしないと見つからない情報もあるようだ。

・虫メガネが「ポフポフ」する
 ゲーム中では様々な「コレクション」が見つかる。コレクションが見つかる場所に虫メガネを当てると、もくもくと煙が噴き出すようなアイコンに変化する。

 「かばん」には、これまでの調査内容がまとめられた「ちょうさメモ」、解明したナゾに再挑戦できる「ナゾじてん」、事件を解決するカギを集めた「ひらめきてちょう」といった様々なメニューがあり、上画面ではこれまでのプレイ記録を閲覧できる。

■物語のカギになる「7人の大富豪」、新たに2人を公開

リドリー・フレメンス

 ロンドンの女市長。お堅い性格。政治家として規律を重んじる彼女は、どこか自分を抑えているようでもある。ロンドンのお祭り「リバーサイドフェスティバル」を盛り上げようと計画している。父の跡を継ぎ、富豪のひとりとなる。

クラーク・ゴスペック

 ロンドンの大富豪、65歳。映画館など多くの娯楽施設を経営。フレメンスから噂を聞いてカトリーに興味を持っており、「ラビットスター劇場」で起きた事件を解決してもらおうと調査を依頼してくる。

■ビッグベンの「短針」が消えた!?エピソード01「時計仕掛けのスウィーツ」

 ビッグベンの時計の針が盗まれる、という不思議な事件が起きたロンドン。カトリーは「アスポワロ警部」からの依頼で、事件解決のための調査に乗り出す。

 物語には、ビッグベンの整備士とお菓子職人の双子「ヤンチャッタ兄弟」が登場。2人ともまじめな働き者だが、彼らが事件のカギを握っているのだろうか。

【エピソード01で出会うナゾ(一部)】■「レイトン」シリーズ恒例のミニゲームも登場!

 物語を進めていくと、ミニゲーム「理想のディナー」がプレイ可能になる。依頼人からのディナーコースの要望を、関係者からの聞き込みを通して叶えるミニゲームとなっている。オードブル、スープ、メイン、デザートの4つからなるディナーコースを提案し、「大絶賛」、「合格」、「不合格」の3段階から採点される。

【スクリーンショット】

© LEVEL-5 Inc.

GAME Watch,今藤祐馬

最終更新:5/18(木) 10:00

Impress Watch