ここから本文です

音声対話、日本語でも=AI活用を拡大―グーグル

時事通信 5/18(木) 8:13配信

 【シリコンバレー時事】米IT大手グーグルは17日、音声認識による対話機能を備えた人工知能(AI)「グーグル・アシスタント」を、年末までに日本語を含めた7カ国語に対応させると発表した。

 同社の基本ソフト(OS)「アンドロイド」を搭載したスマートフォンの一部に導入する。

 話しかけるだけでさまざまな情報機器を操作することができる対話型AIは、あらゆるモノをインターネットでつなぐ「IoT」のカギになるとされ、開発競争が激化している。対話型AIを搭載したスピーカー型端末「グーグル・ホーム」も年内に日本に投入する計画だ。 

最終更新:5/18(木) 8:19

時事通信