ここから本文です

おのののか“ライバル”出現で求められる「新たな武器」

東スポWeb 5/18(木) 16:31配信

 タレント・おのののか(25)が17日、神奈川県海老名市のららぽーと海老名内のビアホール「EVVIVA!」(9月30日まで営業)で、一日店長を務めた。

 おのはタレントになる前、東京ドームでビールの売り子をしてナンバーワンの売り上げを誇ったことがあるのは有名な話。当時の苦労を「ヒザをついて売らなきゃいけない」と振り返り、その勲章で「今でもヒザが汚い」と笑い飛ばした。

 先月25日に行われたイベントでは1年以上、彼氏がいないことを告白。この日も「友達と一緒に大人数で盛り上がって飲むビールが大好き」とそれとなく“フリー”をほのめかした。

 2012年に芸能界デビューしてから5年ほどたつ。

「14年には、野球選手との交際を明かすなどして話題になり、バラエティー番組で活躍。15年には、ラジオ番組でガチのあえぎ声を披露し“伝説”を残した」(ワイドショー関係者)

 おのは、15年に放送されたTBSラジオ「おぎやはぎのメガネびいき」に出演。その1コーナーで、「おぎやはぎ」矢作兼(45)とあえぐ演技をする企画に挑戦し、「早いっ! 早いっ!」「耐えて! 耐え~て!」「あぁ~! あぁ~!」となまめかしすぎる声を上げた。おぎやはぎの2人からは「本気だ!」とガチのあえぎを絶賛された。

「度胸やサービス精神が評価されていたけど、近年は目立った活動がない。バラエティー番組とドラマが主戦場だけど、やはり強力な“武器”が欲しい。横浜スタジアムの売り子出身のタレント・ほのか(21)が昨年デビューして比べられるようになったから、なおさらでしょう」(同)

 男性ファンをとりこにするような“新サービス”が出るか。

最終更新:5/18(木) 16:31

東スポWeb