ここから本文です

前園氏「世界デビューの久保は1対1の勝負にこだわれ」

東スポWeb 5/18(木) 16:38配信

【前園真聖ゾノの焦点!】U―20W杯にU―20日本代表は5大会ぶりの出場。2020年東京五輪を見据えて、一つでも上を目指して勝ち進んでほしいところですが、加えてすでに欧州トップリーグでデビューしている同世代選手のパフォーマンスを体感する貴重な機会にしてもらいたいです。

 飛び級で選出された15歳のFW久保は、世界デビューとなる大会でどんなプレーを見せてくれるか楽しみです。特に技術面や状況判断はプロ顔負けの素晴らしいものがあり、バルセロナの下部組織出身とあってスペイン仕込みのリズムや間合いは大きな魅力です。

 一方で、まだ高校1年生。肉体的には成長段階にあるため、競り合いやスピードといったフィジカル面では差を感じる場面があるかもしれません。的確な判断力でどう対応するかも注目なのですが、今大会は1対1の局面で、あえて勝負にこだわってほしい。

 世界大会とあって本来は勝利のためにプレーするのが大前提。しかし久保の個人能力をさらに高めて、世界トップレベルに覚醒させるにはW杯のような舞台でチャレンジすることも必要なのではないでしょうか。 (元日本代表MF)

最終更新:5/18(木) 16:38

東スポWeb

スポーツナビ サッカー情報