ここから本文です

米予算教書、23日発表=政権方針の全体像示す

時事通信 5/18(木) 8:59配信

 【ワシントン時事】米ホワイトハウスは、2018会計年度(17年10月~18年9月)の予算教書を23日に発表する。

 行政管理予算局(OMB)のマルバニー長官が17日、明らかにした。3月の骨格予算に税収、財政赤字の見通しなどを盛り込んだ予算編成方針の全体像となる。

 骨格予算で示した裁量的経費(政策経費)では、国防総省予算を前年度比10%増とするなど、国防関連で6030億ドル(約67兆円)を提案。裁量的経費全体では1兆650億ドルとなった。

 トランプ大統領が公約に掲げた移民対策となるメキシコ国境の壁建設には26億ドルを計上。国防関連や国境警備の安全保障分野に重点配分する。 

最終更新:5/18(木) 9:05

時事通信