ここから本文です

ソウルのロッテ百貨店でフォーマル衣装レンタル 「セルフウエディング族」急増で

みんなの経済新聞ネットワーク 5/18(木) 14:46配信

 ソウル市ソンパ区の「ロッテ百貨店 アベニュエル」3階に5月18日、衣類のレンタルショップ「Salon de Charlotte」がオープンした。(カンナム経済新聞)

 同店は、ウエディングドレスやワンピースなどを中心としたフォーマル衣装のレンタルサービスを提供。売り場面積140平方メートルの店内には、最近韓国で注目を集める「セルフウエディング族」をターゲットにした多様な価格帯のドレス、スーツ、ウエディングシューズを展示。ウエディングドレスは、「Marshall bride」「w-vintage」「clair de lune」「Merry de Blanc」の4ブランド計60デザインをそろえ、価格は2泊3日レンタルで10~30万ウォン台。

 男性用スーツは、オーダーメードスーツブランド「FOTTON GARMENT」のスーツが10デザインあり、価格は2泊3日レンタルで10万~20万ウォン台。このほか、赤ちゃんの満1歳の誕生日を祝う「トルチャンチ」用に、キッズ用衣装、韓服も並ぶ。

 同百貨店MD開発担当バイヤーのムン・ヘジンさんは「最近出費を抑え、自分だけの個性を生かすセルフウエディング族が急増している。結婚式関連の商品を一度で気軽にレンタルできる売り場を企画した」とし、「今後はレンタルサービスするアイテムと店舗数を拡大し、結婚式だけでなく各種イベントに活用できる衣装を幅広くそろえたい」と話す。

 営業時間は10時30分~20時。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:5/18(木) 14:46

みんなの経済新聞ネットワーク