ここから本文です

【リコール】ボルボ XC90 など、エンジンが始動できなくなるおそれ

レスポンス 5/18(木) 16:32配信

ボルボ・カー・ジャパンは5月18日、『XC90』などの制動装置に不具合があるとして国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

[改善箇所]

対象となるのは、『XC90』と『V90クロスカントリー』の2車種で、2015年12月25日から2017年2月17日に輸入された1278台。

制動装置の制御を行うコントロールモジュール(VDDM)と車両のシステム管理を行うコントロールモジュール(CEM)において、プログラムが不適切なため、駐車状態からのエンジン始動時にCEMとVDDM間で通信ができないことがある。そのため、CEMがVDDMの不具合と検知しパーキングブレーキ警告灯を点灯して、エンジンが始動できなくなるおそれがある。

改善措置として、全車両、コントロールモジュールのプログラムを対策プログラムに書き替える。

国内において不具合および事故は発生していない。本国メーカーからの情報により発見した。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:5/18(木) 16:32

レスポンス