ここから本文です

カンヌ映画祭が開幕 河瀬直美監督の「光」も参加

朝日新聞デジタル 5/18(木) 9:09配信

 世界3大映画祭の一つ、第70回カンヌ国際映画祭が17日夜(日本時間18日未明)、南フランスのカンヌで開幕。オープニング作品としてフランスのアルノー・デプレシャン監督の「イスマエルの幽霊」が上映された。最高賞パルムドールを競う長編コンペティション部門には、日本から河瀬直美監督の「光」(永瀬正敏主演)が参加する。

 河瀬監督は1997年に「萌の朱雀」でカメラドール(新人監督賞)、2007年に「殯(もがり)の森」でパルムドールに次ぐ第2席のグランプリを受賞している。革新的な作品を集めた「ある視点」部門には、黒沢清監督の「散歩する侵略者」が出品されている。授賞式は28日(同29日)に行われる。(カンヌ)

朝日新聞社

最終更新:5/18(木) 9:55

朝日新聞デジタル