ここから本文です

文大統領特使が安倍首相と会談 シャトル外交再開の希望伝える

聯合ニュース 5/18(木) 12:12配信

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の特使として日本に派遣された与党「共に民主党」の文喜相(ムン・ヒサン)国会議員は18日午前、首相官邸で安倍晋三首相と会談し、文大統領の親書を手渡した。

 安倍首相は特使団と握手を交わし、「文特使とは何度かお会いしたことがある。新大統領がこのように早い時期に特使を派遣したのは、両国関係を重視するものとみている」とし、「韓国は戦略的利益を共有する最も重要な隣国だ」と述べた。

 また、「文大統領と未来志向の関係を目指していく」とし、北朝鮮問題をはじめ、重要な問題について率直に話したいと強調した。

 これに対し、文特使は「韓国と日本は二つの共通点がある」とし、「一つは地理的に近く、市場経済と自由民主主義という実質的価値を共有するということだ。もう一つは安保面で北のことなど共通の問題がある」と説明した。

 その上で「未来志向的に発展していこうという文大統領の思いを親書に込めた」とし、「今後早い時期に会談することを望み、両国首脳が頻繁に会おうという思いを持ってきた」と述べた。

 また、「文大統領は盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領時代などの(韓日間)シャトル外交の再開を希望する」と伝えた。

 文特使によると、会談では旧日本軍慰安婦問題に関する意見交換もあった。文大統領の親書に慰安婦問題に関連した内容は含まれていないという。

 文特使は17日の岸田文雄外相との会談で「国民の大多数が情緒的に慰安婦合意を受け入れていない雰囲気だ」と述べていた。

最終更新:5/18(木) 12:34

聯合ニュース