ここから本文です

GDP年率2.2%増 1~3月期、5四半期連続プラス

朝日新聞デジタル 5/18(木) 9:10配信

 内閣府が18日発表した2017年1~3月期の国内総生産(GDP)の1次速報は、物価の変動の影響を除いた実質成長率が前期(16年10~12月期)より0・5%増加した。この状態が1年続いたとして換算した年率では2・2%増。プラス成長は5四半期連続で、リーマン・ショック前だった05年1~3月期から06年4~6月期までの6四半期連続以来の長い成長になる。

 低迷が続いてきた個人消費が前期比で0・4%増の伸びを示し、プラス成長に寄与した。ただ、これは前期に、天候不順などで値上がりした生鮮食品で買い控えが起きて、消費が低迷したことの反動とみられる。内閣府幹部は「消費に力強さが戻っているわけではない」との見方を変えていない。

 住宅投資は0・7%増。20年の東京五輪・パラリンピック開催に向けて、1月に選手村施設の工事が始まった影響がありそうだ。

朝日新聞社

最終更新:5/18(木) 11:46

朝日新聞デジタル