ここから本文です

小室さん あだ名は“コムロック”フィギュア宇野、DAIGO似の声も

スポニチアネックス 5/18(木) 6:01配信

 ◇眞子さま 小室圭さん婚約へ

 端正な顔立ちの小室さん。ICUの後輩の男性(23)によると一時期住んでいた大学の男子寮で「“コムロック”と呼ばれていた」という。人気ロック歌手・氷室京介(56)の愛称「ヒムロック」にちなんだものとみられる。

【写真】眞子さまとの婚約について、神妙な表情で質問に答える小室圭さん

 小学5年から知り合いの男性(25)によると、小室さんは入寮した理由について「男を上げたい」と話していた。大学で再会した際は「格好良くなって誰だか分からなかった」という。小室さんの容姿については早くもインターネット上などで話題になっており、フィギュアスケートの宇野昌磨(19)や歌手でタレントのDAIGO(39)、プロ野球巨人の高橋由伸監督(42)に似ているとの声が上がっている。

 周囲からはイケメンぶりだけではなく、芯の強さも伝わってきている。小室さんは高校3年時から約4年間、横浜市港北区のフランス料理店で接客などのアルバイトをしていた。現在は海老名市で居酒屋を経営する、元オーナーの五井憲治さん(70)はこの日、テレビを見守り「礼をしたり丁寧に話す姿は変わっていない。落ち着きがあって仕事を任せられる子だった」と振り返った。

 小室さんは幼い頃に父を亡くした。「“お母さんのために頑張る”とよく言っていた。お母さんから“小学生の時から言ってくれる”と聞いた」と五井さん。約2年前に小室さんが母親と訪れた際には「本当に仲が良いと思って見ていた。今度は3人で来てくれたら」と笑顔を見せた。

 「湘南江の島海の王子」の関係者からも、小室さんを高く評価する声が続く。研修でマナー指導した藤沢市観光協会の荒井ひろみさんは「責任が重大ですし、心の中でいろんな思いを抱いているのだろうと思った」。同期で「海の女王」だった同市職員の並河理奈さん(26)は「弟というか、愛されキャラだった。だいぶ大人びたなと思います」としみじみ話した。

最終更新:5/18(木) 12:35

スポニチアネックス