ここから本文です

眞子さまご婚約へ 市川の聴覚支援学校長、衷心よりお喜び申し上げます 千葉

産経新聞 5/18(木) 7:55配信

 秋篠宮ご夫妻の長女、眞子さまの婚約報道を受け、眞子さまが昨年、足を運ばれた「第50回全日本聾(ろう)教育研究大会」を開催した筑波大付属聴覚特別支援学校(市川市国府台)の原島恒夫校長は17日、産経新聞の取材に対し「学校を代表し、衷心よりお喜び申し上げます」とのコメントを出した。

 同校によると、眞子さまは昨年10月、秋篠宮妃紀子さまとご一緒に、同市国府台の和洋女子大学講堂で行われた同大会の開会式に出席された。同大会は「聴覚障害教育の専門性のさらなる追究と共有」をテーマに行われ、開会式では紀子さまが手話を交えてあいさつされた。同大会ではその他にも、聴覚障害教育についての意見交換や授業公開などが行われ、学校関係者や研究者ら約700人が集まったという。

 原島校長は開会式に参加された眞子さまのご様子を「温かいまなざしで、この上ない感動とエールを与えてくださいました」と振り返る。眞子さまが大学の同級生と婚約に向けて準備を進められていることについては、喜びの言葉とともに「眞子さまのご多幸と秋篠宮家のご繁栄をお祈り致します」とのコメントを寄せた。

最終更新:5/18(木) 10:32

産経新聞