ここから本文です

阿川氏、今年逃せば次の婚期は2023年 手相見た中園氏指摘していた

5/18(木) 11:01配信

デイリースポーツ

 17日に69歳の元大学教授との結婚を発表した作家の阿川佐和子氏について、18日に放送されたTBS系「白熱ライブ ビビット」では、阿川氏が結婚を決めたきっかけとなった脚本家・中園ミホ氏が阿川氏の手相を見た番組を再放送。阿川氏は今年5月を逃せば次は「2023年」と言われていたことが分かった。

 「ビビット」では阿川さんの“熟年結婚”について特集。その中で、阿川氏が週刊文春の独白の中で手相を見た中園氏から「結婚するなら5月がいい」と断言したことが背中を押したと記していることも取り上げた。

 この手相を見た番組が同局の「サワコの朝」。昨年12月24日放送回でゲストとして登場した中園氏は「結婚運がもの凄く高まってます。それで今年ではないです。今年はダメ。来年の5月です」と断言していた。

 これを聞いた阿川氏は満面の笑みで「オホホホ」と笑い「放送するなよ」といたずらっぽく一言。中園氏は続けて「ここちょっと来年逃さない方がいいですよ。来年逃すと次2023年になってちょっと大変でしょ?」。2023年といえば、阿川氏は69歳になってしまうだけに2人は大笑い。中園氏は改めて「でもちょっと来年とってもいいから(結婚)してくださいよ」と、念押ししていた。

 このVTRを見終わったテリー伊藤は「ああいう言葉、いい言葉。ずっと覚えてる。来年5月になったらいいことあるって」と、阿川の胸にずっと引っ掛かっていたのではと指摘。MCの国分太一も「気にはなってたんでしょうね」と同意していた。