ここから本文です

「民主主義復元」誓う=光州事件の式典で文大統領―韓国

時事通信 5/18(木) 10:51配信

 【ソウル時事】韓国で1980年5月に民主化を求める活動家や学生らと軍部が衝突し、多数の死傷者を出した「光州事件」から37年を迎え、政府主催の追悼式典が18日、南西部の光州市で開かれた。

 文在寅大統領は演説で、「文在寅政府は光州民主化運動の延長線上にある」と位置付け、「民主主義を完全に復元する」と誓った。

 国民の強い怒りを買った朴槿恵前大統領の親友、崔順実被告の国政介入事件を念頭に、国民主権に基づく政権運営を行う考えを強調した形だ。

 文大統領は光州事件について「国家権力が国民の生命を奪い、人権を侵害したわが国現代史の悲劇だったが、これに対抗した市民の抗議行動が民主主義の里程標を築いた」と指摘。「民主主義を守った精神は(朴前政権の退陣を求めて開かれた)ろうそく集会で復活した」と述べ、「ろうそく集会は、民主化運動の精神に基づき、国民主権の時代を開いた」と強調した。 

最終更新:5/18(木) 11:41

時事通信