ここから本文です

世田谷代田に駒沢の人気パン店が移転 クロワッサンが人気 /東京

みんなの経済新聞ネットワーク 5/18(木) 17:00配信

 パン店「BONHEUR MAISON(ボンヌール・メゾン)」(世田谷区代田1、TEL 03-3414-8555)が駒沢から世田谷代田に移転して1カ月がたった。(下北沢経済新聞)

店内の様子

 「毎日手の届く幸せ」をコンセプトに掲げる同店。その意図について、店長の松田幸恵さんは「スーパーなどで安くパンが買える時代に、パン屋さんでパンを買うというちょっとしたぜいたくに対して、きちんと価値を提供できる店でありたい。私たちのパンを通して毎日が少しハッピーになってもらえたら」と話す。店名の「BONHEUR MAISON」は「幸せの家」を意味する。

 一番の人気メニューは「クロワッサン」(194円)。「サイズがかなり大きめで、生地が甘いうえに食べ応えがあるのが特徴」(松田さん)。ほかに「塩メロンパン」(192円)も人気。「塩パンが流行した時に、そのまま流行に乗るのもどうかなとは思いつつ、でも、あったらきっとお子さんなどは喜ぶなと思って考案したメニュー。甘さとしょっぱさのバランスが絶妙で、あっさり食べられる」と松田さん。ほか、手製のケーキや焼き菓子も提供。価格帯は60円~600円ほど。

 世田谷代田駅から徒歩10分に位置する同店だが、駅からの距離の遠さは、あまり気にしていないという。松田さんは「もともと駒沢の時も駅から遠かった。でも、地元の方やリピーターとなってくださるお客さんに支えていただいていたので、今回も地元に住んでいる方々にしっかり認めてもらえる店を目指したい」と話す。

 今回の移転に際しては、インテリアなど内装にもこだわりを込めたと松田さん。「この店に来ること自体がちょっとしたぜいたくに感じられる空間を作りたかった。例えば、パンを買わずとも会社の帰りに店に寄っただけで少しリフレッシュできるような店になれたらうれしい」とも。
 
 営業時間は9時~20時。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:5/18(木) 17:00

みんなの経済新聞ネットワーク