ここから本文です

巨人・山口が二軍戦で初先発「早く一軍の戦力として働きたい」

東スポWeb 5/18(木) 18:01配信

 巨人・山口俊投手が18日のイースタン・ヤクルト戦(ジャイアンツ球場)でFA移籍後初先発を果たし、2回35球で1安打2四球無失点だった。

 山口俊は昨秋に発症した右肩違和感の影響でキャンプは三軍でスタート。その後も慎重にリハビリを続けてきた。この日は最速149キロを記録するなど、順調な調整ぶりをアピール。「実戦で投げられてホッとしています。怖さもなく、打者と勝負できたことは一歩前進かな」と笑顔をのぞかせた。今後については「まだ真っすぐでファウルを取れない。次回はもう少し、長いイニングを投げたい」としたが、すでに開幕からは1か月半が過ぎた。チームが首位阪神から5・5差離されている現状もあり、出遅れている右腕に対する視線は厳しい。一軍合流の明確なメドは設けていないものの、本人もそうした周囲の空気は重々理解している。「呼ばれた時点で活躍しないといけない。一日でも早く、一軍の戦力として働かないと。一日、一日、スピードを上げてやっていきたい」と語った。

最終更新:5/18(木) 18:01

東スポWeb

スポーツナビ 野球情報