ここから本文です

関西外大、建設中の「御殿山キャンパス・グローバルタウン」のドローン空撮映像公開 /大阪

みんなの経済新聞ネットワーク 5/18(木) 18:27配信

 関西外国語大学(枚方市中宮東之町)が、現在建設中の新キャンパスをドローンによる空撮した動画を公開した。(枚方経済新聞)

新キャンパス完成予想図(関連画像)

 今回公開した映像は2018年4月に開学する「御殿山キャンパス・グローバルタウン」の建設中の様子をドローンによる空撮で記録したもの。現在、3月28日と4月28日に撮影された動画3本を公開しており、今後も定期的に動画撮影し公開する予定だという。

 空撮動画は新キャンパスの建設を受注している竹中工務店が撮影。同大担当者は「工事の進捗状況を確認するために制作した。新しいキャンパスが完成していく様子を地域の方や在学生、これから本学の受験を考えている高校生など広く一般の方に見ていただければ」と話す。

 創立70周年の記念事業の一環として建設される新キャンパスには、約700人が入居できる「Global Commons 結-YUI-」を建設。同大の特徴である国際交流の一大拠点となる。メインキャンパスである中宮キャンパスと、それに近接する御殿山キャンパス・グローバルタウンを一体運用し、スケールの大きな国際交流拠点として「さらなる充実・発展を目指す」という。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:5/18(木) 18:27

みんなの経済新聞ネットワーク