ここから本文です

「ノブオ~、『バイオハザード:ヴェンデッタ』見に行くぞぉ~」 映画『バイオハザード』フルCG長編アニメ最新作 劇場公開記念イベントリポート

ファミ通.com 5/18(木) 18:52配信

●VR映像も配信決定
 2017年5月18日、都内某所にて、5月27日より公開予定の『バイオハザード』シリーズのフルCG長編アニメ映画『バイオハザード:ヴェンデッタ』の劇場公開記念イベントが開催された。本稿では、お笑い芸人“ペンギンズ”による『バイオハザード』ネタが披露されたイベントをリポートする。

 『バイオハザード: ヴェンデッタ』とは、カプコンの人気サバイバルホラー・アクション『バイオハザード』の世界観をベースとする作品。歴代ゲームに登場した人気のキャラクターたち、そして不気味な雰囲気を醸し出すオリジナルの新キャラクターたちが、予測不可能なバトルをくり広げる。“ゾンビブーム”の原点となる『バイオハザード』シリーズを、ハイクオリティーCG技術で描く、最新のフルCG長編アニメーション映画だ。

 今回のイベントでは、2017年に放映された新春人気番組『おもしろ荘』で注目を集め、現在じわじわと人気が出ているお笑い芸人“ペンギンズ”(吉間洋平(アニキ)、ナオ(ノブオ))が登場。なにやら、ノブオは『バイオハザード』シリーズが好きらしく、アニキにそのよさを知ってほしいようで……。さっそく、『バイオハザード』にちなんだ新ネタを披露してくれた。

 という訳で、『バイオハザード』シリーズの大ファンだというナオ(ノブオ)は、「映画、フルCGアニメは全作見てきた。ゲームも何作品かプレイ済み」と同作に対しての愛をアピール。本作『バイオハザード:ヴェンデッタ』については、「映像がすごくて度肝抜かれた。最初から最後まで見てて、胸がバグバグした映画は始めて。間違いなく、フルCGアニメ3作品の中で最高傑作」と断言。吉間洋平(アニキ)は『バイオハザード』シリーズ初心者とのことで、予備知識なしで本作を既に見ているが、「初心者でもメチャメチャ楽しめた」と太鼓判を押した。

 続いて、既報のとおり2017年5月24日(水)よりPlayStation Storeにて無料独占配信が決定したVR映像『BIOHAZARD VENDETTA : Z Infected Experience』で、吉間洋平(アニキ)がゾンビになって映画『バイオハザード:ヴェンデッタ』の世界をいち早く体感することに。
 VR映像『BIOHAZARD VENDETTA : Z Infected Experience』では、映画の舞台となるニューヨークで発生したウィルス感染に巻き込まれてゾンビとなり、『バイオハザード』シリーズの人気キャラクター、クリスとレオンに襲い掛かっていくという、これまでにない“ゾンビ目線”のVR体験が楽しめる。

 強面の吉間(アニキ)だが、VRでは終始「こわいこわい」とビビりまくり。しまいには客席に背中を向けてしまい、ブルースクリーンが表示されるアクシデントが勃発。これを見ていたノブオ(ナオ)は、「聞いたことのない声のトーンで、見てられないです」と、ビビりまくりだった吉間(アニキ)に少々がっかりしていた。

 クリスとレオンの最強タッグが実現した映画『バイオハザード:ヴェンデッタ』は5月27日より公開予定。日本だけでなく、アメリカ、アジア、ヨーロッパと全世界で公開されていく予定だ。また、世界最速公開 プレミアム オールナイトの開催も決定しており、同作のほか、シリーズ1作目の『バイオハザード ディジェネレーション』、2作目の『バイオハザード ダムネーション』も上映される。気になる人は、こちらをチェックしてほしい。

『バイオハザード:ヴェンデッタ』概要
●エグゼクティブ・プロデューサー:清水崇 『呪怨』シリーズ / ●監督:辻本貴則 『THE NEXT GENERATION パトレイバー』
●脚本:深見真 『PSYCHO-PASS サイコパス』 / ●音楽:川井憲次 『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』
●原作監修:小林裕幸(カプコン) 『バイオハザード』シリーズ
●製作:マーザ・アニメーションプラネット
●配給:KADOKAWA
5月27日(土) 新宿ピカデリーほか全国ロードショー

最終更新:5/18(木) 18:52

ファミ通.com