ここから本文です

韓国特使が安倍首相と会談 対北朝鮮で連携確認=慰安婦合意では溝

聯合ニュース 5/18(木) 17:02配信

【東京聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の特使として日本に派遣された与党「共に民主党」の文喜相(ムン・ヒサン)国会議員は18日、安倍晋三首相との会談後に「安倍首相から望んでいた答えを聞いた」と伝えた。

 文氏は韓国の報道陣に対し「これからうまくやっていきたい、近いうちにお会いしたいという(文大統領の)話をしようとしたが、日本側(安倍首相)から話があった」と説明。「韓日が北の核問題に共同で対処し、韓米日の連携体制で役割を果たしたいという文大統領の意向を伝え、安倍首相からは全面的に同感するという旨の話を聞いた」と明らかにした。

 文氏によると、安倍首相は旧日本軍の慰安婦問題を巡る合意について、昨今の両国関係は多くの人々が友好関係を築いてきた結果とした上で、未来志向で発展させていくことに期待を示し、「一昨年の合意」を着実に履行していくよう求めた。

 「慰安婦」との表現は使わず、合意の履行を求めている日本政府の立場を韓国側に配慮しながら伝えたものと受け止められる。日本の政府関係者らはこれまで、慰安婦合意について「再交渉はない」との強硬な方針を強調してきた。

 一方、文氏は北朝鮮問題に関連し、「韓国政府は北の核やいかなる挑発も容認せず、朝鮮半島の非核化を目標とする」として、「究極的には朝鮮半島の恒久的な平和を目指す」と表明。「協力を通じて(北の)変化を引き出していき、国民と意思疎通を図り、北の核問題解決に向けた政策を講じる」と述べた。

 安倍首相は文大統領が大統領選で、当選すれば北朝鮮をまず訪問すると発言したことについて、「性急すぎるのではないか」などと懸念を表明。文氏が「前提条件として『日本や米国と十分に協議して核問題の解決ができれば』『核問題が解決する過程で』ということがあればの発言だった」と説明すると、安倍首相は「やはりお会いして話し合うと誤解が解ける。文大統領に頻繁にお会いしなければならないということが文特使の説明を受けて分かった」という趣旨の発言をしたという。

 文氏は安倍首相との会談について、「全体的に和気あいあいとしていたし、韓日関係をうまくやっていきたいという感触を受けた」として、「より進展した関係を望んでいたようだ。新政権の発足を機に積極的な韓日関係を構築したいと思っているようだった」と伝えた。 

 会談に同席した韓国側の関係者によると、安倍首相は早期の特使派遣に謝意を表した。

 また、日本政府が韓国側に抗議した韓国の海洋調査船による独島周辺の海洋調査にも言及し、「けさあった外交問題を含め、これから困難を乗り越えて行きたい」との旨の発言をしたという。

最終更新:5/18(木) 19:35

聯合ニュース