ここから本文です

米、各国に協力呼び掛け=ベネズエラ問題協議―国連安保理

時事通信 5/18(木) 11:53配信

 【サンパウロ時事】国連安保理は17日、米国の要請に応じ、政情不安が続くベネズエラについて協議した。

 AFP通信などによると、ヘイリー米国連大使は会議後、記者団に「状況は悪化の一途をたどっている。国際社会は声を上げるべきだ」と述べ、混乱収束へ各国に協力を呼び掛けた。

 ベネズエラでは4月以降、政府の抑圧的な政治姿勢や経済危機を背景に、各地でデモが続発。治安部隊などとの衝突で計43人が死亡し、商店や学校を狙った略奪事件も相次いでいる。

 ヘイリー大使は、状況が改善しなければさらに多くの市民が犠牲になり、「シリアや北朝鮮と同じ道をたどる」と警告。これに対し、ベネズエラのロドリゲス外相は「国連が介入する問題ではない」と反発した。 

最終更新:5/18(木) 12:01

時事通信