ここから本文です

韓国の自殺率世界ワースト4位 農薬販売規制で減少=WHO

5/18(木) 18:15配信

聯合ニュース

【ソウル聯合ニュース】世界保健機関(WHO)が17日(現地時間)までにまとめた2017年版の「世界保健統計」によると、人口10万人当たりの自殺者数を示す自殺率で韓国は28.4人となり、2010年の34.1人に比べ16.8%減少した。

 今回調査対象となった183カ国・地域のなかではスリランカ(35.3人)、リトアニア(32.7人)、ガイアナ(29人)に続いて4番目に多かった。

 WHOは世界銀行が高所得国に分類する国の中で韓国は相対的に高い水準のため注目していると説明した。

 韓国の自殺率は2000年に14.8人だったが、リーマン・ショックが発生した2008年以降急増。10年には34.1人を記録したものの、最近は減少傾向にある。

 WHOは毒性の強い農薬の販売を禁止したことが自殺率の低下につながったと分析した。

 06年から10年にかけて韓国における服毒自殺は全体の5分の1程度を占めていたが、12年に政府が除草剤の「パラコート」の販売を禁止してから、農薬を用いた服毒自殺が減少し、全体的な自殺率も減少したとWHOは説明した。また性別や年齢、居住地に関係なく全般的に自殺率が減少したという。

 WHOは韓国の事例は自殺率の減少を目指す国にとって良い先例になると強調した。

最終更新:5/18(木) 19:33
聯合ニュース