ここから本文です

小室さんの地元、大倉山を「ビビット」が総力取材、「結婚の時は紅白まんじゅうを配りたい」

スポーツ報知 5/18(木) 9:44配信

 18日放送のTBS系「ビビット」(月~金曜・前8時)で秋篠宮家の長女眞子さま(25)と婚約する国際基督教大(ICU)時代の同級生だった小室圭さん(25)の地元となる横浜市港北区の大倉山商店街などのフィーバーぶりを報じた。

 商店街の和菓子店の女性店員は「夢のようなお話ですね。ご結婚の時は紅白まんじゅうでも配りたいですね」と笑顔。商店街会長の吉原昭彦さんは「大倉山は話題の街だなって、運がいいなって思う。国をあげてのお喜びですから、地元として黙っているわけにはいきませんし、いい方法を考えてアピールしてみたいと思います」と大倉山の名前を全国に広めたい考えを明かしていた。

 番組では、小室さんの自宅近くで買い物に行っていたと思われるショッピングモールも取材。担当者は「希望としては是非、来ていただきたいんですけど、その時は電話一本いただければ、来賓のお客様ということでVIP待遇で対応させていただきたいと思います」と笑顔だった。

 眞子さまとデートしたと報じられた神奈川県の江の島も取材。小室さんは2010年度に「湘南江の島 海の王子」を務め、2人がデートしたと思われる観光スポットを紹介した。2人は、みなとみらい、長瀞(ながとろ)など一般人と同じように様々な場所でデートを重ねていたが、こうした交際についてコメンテーターのテリー伊藤氏(67)は「眞子さまにとってみると、私と付き合うことで小室さんの自由がなくなるわけじゃないですか。自分からあえて小室さんのために、こういう所に行っていると思うんですね。例えば、眞子さまはものすごく人格者でしっかりしている。彼女が今、何を考えているかというとこれからの人生、小室さんが幸せになってもらいたいことだけを考えていると思うんですよ。好きな男性のことを思って彼に合わせていると思うんで特別な人ですよね」との見解を示していた。

 

最終更新:5/18(木) 10:24

スポーツ報知